日記じゃなかったら、不自然なお話。
ココではネオァがどことなくしている日常生活を、 日記と、日記エッセイ風に。笑いの○メダルにはほど遠い 面白いくて楽しんでもらえるようににがんばっていきます。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ムシキング第1話
今、ちびっ子、少年達の中で流行の次世代式(ぇ)カードゲーム、

「ムシキング」。ムシキングは専用バーコードの付いたカードをいろいろなゲームセンターなどにおいてある専用ゲームに100円を入れ、カードのバーコードを読み取ってムシたちが戦うゲームというセガのキッズゲームである。

そして今日その人気ゲーム、「ムシキング」が「ムシキング~森の民の伝説~」としてテレビ東京で夜六時より、スタートするのだ。

元は妹がなぜかにハマって遊んでいるため、なんとなくは知っている。


そして、いよいよスタートだ。妹がいまごろ寝てたのが起きた。
こいうときしか起きないのをどうにかしてほしい。

OP。なんだろう、なんつーかムシキングならもっと強いイメージがあったのだがすごいまったりである。

キャラクターもほのぼのと言って良いだろう。

そして、主人公?ポポの声はある意味、 カッコイイ 声だった。

なになにと見ていけば母親をおいて森を出ていく。
なんつーかお母さんを助ける!つー所で思い出したんだが、この話しって、

         みつばちハッチ か?


はは、昔の昔のアニメとかぶるところ多いし。


それとおそってきたカブトムシ…。

先ほど出たカマキリは手書きだったが、カブトムシは CG なのだ

なんというか、私は手書きが良いと脳は叫んでいた。

これ(シージー)だと 味が無い! のだ。

だから出来たら手書きの方が味がっあっていいと私は思う。


ああ、もう終わっちゃうよ…と言うとこに、

 ちっちゃいけど、手書き のカブトムシ登場。

うん、 私はぼそり言うことはかなりかなうものだ。

よく、ぼそり。と思ったこととか、なんか望みが軽くかなったりするものだ。

 うん、やっぱ手書きが一番だ。

それとあのお母さん、かなり顔見ると 貧血気味  だな。

まあ、とにかくムシはあまり目立ってねーということが確かだった。
ムシキング。というかぎりにムシが目立っていないということだ。

まぁ、ポポを助けてやれ。(終了。)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。