日記じゃなかったら、不自然なお話。
ココではネオァがどことなくしている日常生活を、 日記と、日記エッセイ風に。笑いの○メダルにはほど遠い 面白いくて楽しんでもらえるようににがんばっていきます。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
東京ディズニーシー 体験日記7
ああ、来てしまった。 ロストリバーデルタ。

しょうがなく、入っていった。すると…


  かびたチーズのニオイ  がしてくるのだ。

目の前の銅像。どことなく、 緑色の何か が付いていた。

たぶんこれが招待なのだろうと思い、 ニオイを咬んでみた。

あ、かびたチーズ のニオイだ。 なんでこれから怖ーアトラクション乗るのに私はこんなマイペースなのだろう…。


 で、ファストパスエントランス。

うー、イヤだ。今頃イヤになった。

妹はなにか身長制限をクリアし、グーフィーのかかれた紙の「117」の腕輪をつけてもらった。

たぶん、身長制限大丈夫ですよ。というやつだろうとお母さんと行っていた。

で、とぼとぼとまさに、ギャラが少ないサラリーマン みたいな感じで行った。

 『キィッキィッ!』

うん。通ってるのがすんごいジャングルみたいで、どこかどこかに設置されたスピーカーからはジャングルにいそうな

 くちばしの長い、黒いトリ みたいなやつのイメージと共に、鳴き声が。

 
     ああ、来てしまった。

 で、ひゅーるり。 階段下りたり…

中は軽いランプはついてるだけなので暗くなったり明るくなったりでもう十分怖いです。妹はもう泣いてたり。

 「ぎゃうぁっ」

 さぁ?誰の声でしょう?

 って、 自分だろ。階段かよぉっ?暗いし…もう転んだら乗る気が消えてた。(もう消えてる。)

うん?こんなとこに映画ァ?

 なんだよ。意外とファストパスでさえも混んでるじゃないか。
今頃になってから止まるなよぉ…。

映画見えないしーー。

 まぁ、自分はお父さんの腕にしがみついてたり。

おっ、見えた。って 終わるのかよっ!(;¥;)

 えーと、なんとか見えるとこまで進み、映画を見る。

『初めまして。私、パコ。』

 古っぽく、映画はかたかたかたか…と音を立て、セピア色の映画をシーツに移していた。 シーツだよ。シーツ。(だから?)

 パコという人は、すこしぽっちゃり(気にしないで)した男の人。
 パコは日本語で喋っているが様子は外人だ。
 下には日本語、英語、韓国語(?漢字ばかり)が出ており、外国の方でも見れるようにしてある。さすがだ。(普通だろ。それも東京 ディズニーシーだろ。普通に外人もくるだろ。)←でもどこ見ても外人見あたらず。(ぇ



『インディーン・ジョーンズクリスタルスカルの魔宮へようこそ。私の作った安全映画、絶対見てね。』

いや、みんなちゃんとみてますし。みなきゃヤバいんじゃねーの?
てか怖ーんだよっ!

それからバックはアミの中に入れてね。と言った。

 「ちゃんと降りるとき、バック忘れないんだよ。お母さんに預けたら?」

 お父さんが言った。私のもっているバックは小さく、ハンドバックより一回り小さいのだ。だが財布が入ってるため、無くしてはいけない。


 「ん、いいや。ショックがひどくなければもってくると思うし。」
 本気で怖いんです。うん、でも絶対忘れないと思う。

だって、財布にゃあ、 一万円以上入ってんだよ!!!!!







     続く。
なんか変な終わりですが、意外と長くなってしまい、やめ。
あと、めっちゃ私の財布に一万円以上ある時は貰ったとき以外有りません。ほら、長野のおばあちゃんちいった際貰ったんです。
そしてすぐよるにシー行ったっつー訳。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。